シューティングとパズルが融合した2DアクションPCゲーム。24のステージを探索し、不思議な物質を手に入れよう。

BEEPはカナダのBig Fat Alienによる2Dアクションゲームです。調査ロボットBEEPを操作し、金色に輝く反重力物質の塊を集めていきましょう。その数に応じて、新たなステージに挑戦することができます。

DRMフリーのみ

この商品はDRMフリーのみご利用になれます。

重力を操り、ステージに散らばる“反物質”を集めていこう!

BEEP最大の特徴は、ステージのオブジェクトを自由に動かせること。

いろんなアイテムを直接操作でき、敵を叩きつぶすことも、物を積み上げタワーを造ることもできます。

物を動かすことで思わぬ道が見えてきます。

また、このアクションゲームは単にステージの終わりまで進めばゴールというわけではありません。

それぞれのステージには金色に輝く「反物質」の塊が浮かんでいます。

調査ロボットBEEPを操作し、この不思議な物質を集めていきましょう。

その数に応じて、新たなステージに挑戦することができます。

6つのユニークなチャプターから成る24のステージをBEEPで探索しましょう!

  • 操作方法

  • WASDまたは矢印キーで移動します。
  • 上キーでジャンプします。
  • カーソルを画面の端に動かすと、カーソルに合わせてカメラが移動し、周囲の状況を確認できます。
  • オブジェクトを右クリックでグラブすることができます。何でも動かして、ステージの道を切り拓きましょう。
  • フラッグに触れると、チェックポイントが有効になります。BEEPが壊れても、チェックポイントからりスタートできます。ワールドマップに戻ると、チェックポイントはすべてリセットされます。
  • 左クリックでBEEPガンを撃つことができます。照準はマウスで合わせましょう。BEEPの上で右クリックするとリロードできます。

はじめまして。『BEEP』を開発したKiaran Ritchieです。2009年にゲーム開発会社のBiowareを退職し、Big Fat Alienを設立、インディーズとしてゲーム開発を始めました。

トップクラスの企業で経験を積んだ後に、純粋な“楽しさ”を追及したゲームをつくろうと以前から計画していたのです。この作品は夫婦で協力し、18ヶ月以上をかけて製作しました。

最初に僕の頭にあったのは、物理エンジンを利用したアクションゲームをつくること。ダイナミックでリアルな操作感を実現し、プレイヤーが実際にゲームの中にいるような感覚を感じてほしかったからです。ほとんどのプロジェクトはデザインから始まり、それによって骨格が決まっていきますが、今回はそうした方法をとりませんでした。様々なゲームの仕組みを実験し、一番楽しめるものを選び抜いたのです。

この地道なアプローチで、『BEEP』の根幹を成すアイデアである反重力装置、またバラエティに富んだ敵たちを思いつきました。それは、まさに発見でした。作品のアートワーク、デザイン、プログラミングは、妻と一緒に完成させましたが、作曲だけは僕らだけではできませんでした。

そこで、インターネット上で作曲家を探し、幸運にもFrancisco Furtadoと知り合うことができました。彼はポルトガルのリスボンを拠点とする、ミュージシャンで、今や友人のひとり。1年以上を掛けて、14曲を作曲し、数百もの効果音を制作しました。

この作品のために新しい技術も数多く開発しました。本当にとてつもない作業量でしたが、僕自身が心からプレイしたい!と思えるものに仕上がったと思います。

プレイヤーの皆さんが楽しい時間を過ごしてくれることを、Big Fat Alienのみんなで願っています。

Big Fat Alien Developer's Voice


何か問題がございましたら、ヘルプページをご確認いただくか、コンタクトフォームよりご連絡ください。

  • Windows

    • Operating SystemWindows XP / vista / 7
    • Processor2.2Ghz Dual-Core
    • Memory2 GB
    • Storage176 MB
    • GraphicsOpenGL 2.0ドライバ(GeForce 8シリーズまたはRadeon HDシリーズ以上)

Specification

開発者

ビッグファットエイリアン Kiaran Ritchie(プログラミング、デザイン、グラフィック) Factor 5、Lucasfilm、Biowareでの勤務経験を持つベテランクリエイター。 『BEEP』は初のインディーズ作品であり、初めてエンジンプログラミングに挑戦している。 Jasmine Ritchie(アートワーク) これまでゲームに関わったことはなく、『BEEP』で初めてデジタルアート分野に進出。Kiaranとは夫婦であり、『BEEP』の開発中に第一子が誕生した。 Francisco Furtado(サウンドデザインおよびBGM) 数多くのモバイルゲームやフラッシュゲームでの経験を持つ作曲家。ポルトガルのリスボンを拠点とし、見たこともないシンセサイザーや難解な楽器をいじって日々素晴らしい音楽の創作に取り組んでいる。