「今再び語ろう、いかにして夢と希望が潰えていったのかを」

“幼い聖女”と“奴隷の青年”の在りし日の姿、そして彼らが掴もうとした未来。本編「ファタモルガーナの館」に至るまでの、重要な過去を描いた物語がついにリリース。

DRMフリーのみ

この商品はDRMフリーのみご利用になれます。

今、再びファタモルガーナが甦る。これは、究極のバッドエンドだ。

本編『ファタモルガーナの館』の根幹に至るエピソードがついに登場。
かつては正義感に溢れていた一途な青年が、どのようにしてその手を血に染めていったのか。
人の優しさを知った幼い聖女の、幸せな思い出とは……。

本編主人公による“介入”がなかった真の歴史が紐解かれる――!

オーソドックスなノベルゲームスタイルで、分岐はなく、ドラマ性を重視した作りになっています。
流血・暴力表現がありますので、苦手な方はご注意ください。

メインエピソードの他にも、本編後の一幕を描く「アフターハッピーエンド」や、かつて存在したミシェルの友人との一幕を描いた「アセント・デリ」、短編集「紡がれることもなく、脚光も浴びず、ただ滅びゆく物語に」を収録。

今再び、ファタモルガーナの世界が甦る。

  • ストーリー

その日、ある“少女”が領主の手によって処刑されかけていた。

少女は特殊な生い立ちを負っていた。

彼女は産まれた村で聖女として崇められ、奇跡の力を持つと言われていた。

しかし領主が剣を振り上げ叫んだ言葉は、真逆のものだった。

「――聖女の皮を被った魔女め!」

だが“少女”は、一人の“青年”によって救われた。

それが“少女”の幸福の始まり。

そして同時に、千年にも渡る長い長い悲劇の幕開けでもあった。

MAIN EPISODE

Requiem for The Innocence

SUB EPISODES

アセント・デリ -彼の暗い椅子-
紡がれることもなく、脚光も浴びず、ただ滅びゆく物語に
After Happy End


何か問題がございましたら、ヘルプページをご確認いただくか、コンタクトフォームよりご連絡ください。

  • Windows

    • ProcessorPentium以降
    • Memory1GB以上推奨
    • Graphics800*600(フルスクリーン可能)
    • Sound CardDirectX9以降

Specification

開発者

『レイトン教授VS逆転裁判』のゲームデザインなどを手掛けた縹けいか氏を中心としたオリジナルのゲーム(ノベルやアドベンチャー系が中心)を制作している自主制作チームです。 現時点ではヴィジュアルノベルを中心に活動しています。フリーゲーム等も配信中です。